--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'11.18.Sun

幕末恋華花柳剣士伝:開始~三木三郎クリア

発売してから遅ればせながらのプレイ開始ですが、
ファーストプレイは攻略情報何も見ずに。

幕末ネタにもそんなに詳しくはなく、
「伊東さんの弟だから早々に退場するのかも」
と思った三木くんをファーストターゲットに。

前作のカップリングデータ引き継ぎ選択は
伊東さんつながりなら……ということで山南さん。
まあ、山南さんは前作プレイ時のファーストクリアキャラだった
ってのもありますが。

ちなみに最後のお楽しみにしようかと思っているのは、陸奥。
一応彼の行く末は分かっているし、
あの小生意気なクソガキがどうデレるのかというのも楽しみなので。
さらに言うと、きーやんだし。



とりあえず、一人目として三木はクリアしましたが
ネタバレを含まない、システム的とか全般部分での感想を。


主人公、デフォ名があるけど呼んでもらえない!
桜庭さんの時は呼んでもらっていた気がするのは気のせい?

ところどころ誤字がある。
「自信を持って」→「自身」とか、
会話やイベントパートではない、サブパート?
ト書きだけのところで「主人公は~だった」とか
名前変換入っていないところを1つ見つけてしまったり。

BGMは前作のも入っていて懐かしいです。
今回は三味線なBGMが多い気がする?
三味線弾きな絹緒さんがいるせいもあるだろうけれど。

辞書機能、全然見てないや。

会話パートに前作キャラ(攻略対象・対象外にかかわらず)が
出てくるのが楽しい!
でも、それゆえに会話選択キャラに悩む。
とりあえず、お目当てキャラが出たらその人を選ぶ、という
スタイルは変えていませんが。

主人公の倫さんは、落ち着いてあっさりした子なのですが、
喜怒哀楽がきっぱりはっきりしていた鈴花さんの方が
個人的には好きかなー。
彼女の立ち絵は、前回の方がふっくらしていてかわいいと思うのですが。
3択選択で好感度が上がりそうな選択肢はあっても
「倫さんならこっちのでザクっとダメージ与えるのを選びそう」
とか思っちゃうわけですよね。

あと、やっぱり前作は攻略対象ほとんどとの同僚ということで
女の身ではあってもやっぱり話題の中心にあったけれど、
今作は攻略対象が色んな立場にある人たちで、
主人公さん自体は花柳館に籍を置いているので
関わっていない事件が多くて、ちょっと疎外感。
情報屋としての裏の働きを見せるのは、確かに普通の町娘とかとは違って
「一緒に何かを成す」ということに近いけれど、
「一緒に剣を持って戦う」というはっきりした仕事上の連帯感がある
鈴花さんよりは、「一緒」感が薄い気がする。
まあ、設定上仕方がないけれど。

とはいえ、前作の面々と会話できたり、
前作と同じイベントシチュエーションの描きなおしがあったりと、
やっぱ楽しいです。
特に、前作と全く同じ章タイトルがあったり
同じ絵の構図があったりというのはワクワク。
攻略対象総入れ替えでも、同じ舞台設定だとこういうのが楽しいですね。

キャラ別のイベントは「テーマイベント」は前回と同じなのですが
「デートイベント」が「エクスパンションイベント」に。
その分甘さとか楽しさよりも、対象キャラへの心の関わりに
重点がいっているのかも。遥かの「心のかけら」イベントみたいな。




さて、以下はネタバレでのクリア感想。



◆三木三郎

あれれ、これで終わり!?!?なシーンでいったんスタッフロール。
死んだ御陵衛士たちの墓を天皇御陵の~な、歴史的話は
あら、こんな背景で起こったかもしれないのか!なんて
いい話っぽかったんですが、もっとドラマチックなところとか、
「これからも一緒に付いてきて」なベタシーンの後で、
サクっと切ってくれてもよかったのに、とかおもったり。

そして「甲子ちゃんの弟だから早々に退場かも」と思って
彼を選んだのは間違いでした。
鳥羽伏見までしっかり戦ってるし、その後も長く生きてるし。

富山も実在の人物だとは知っていましたが、それくらいのレベル。
彼も御陵衛士チームとして三木と近い位置で話が進んでいたので
次のターゲットは彼にすることにしました。

カップリングデータ、次プレイでは違うキャラで進めているのですが
そしたら桜庭さんの登場シーンが違うのかな??
山南さんが花柳館に差し入れた饅頭、
山南×桜庭データでは、桜庭さんが饅頭のお店を教えてくれたってことに
なっていますが、違うデータだと島田さんだった!
山南さん切腹後は全然見かけないしなぁ……。
と思うと、カプ設定によってはキャラの最期やなんかも変わる?
とか思って、富山狙いでは近藤×桜庭にしようかと。

三郎くんが「死地に行く前に思いを告げるぞ!」という相手が
依然としておこうさんのことだと勘違いしている倫さんですが、
鈍いと言えば鈍いけど、三木が回りくどいのが悪いんだい。
「とっとと言っちゃえよ!」とは思いました。

御陵衛士が英語を教えてもらうヴェラ先生、
これは小説本からの設定か!!
ちょっと嬉しくなりました。
関連記事
スポンサーサイト
幕末恋華トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。