--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'11.19.Mon

幕末恋華花柳剣士伝:富山弥兵衛クリア

◆富山弥兵衛

このルートは何と言っても、「梅さん、ナイス!!」。
主人公のテキストウインドウ横のグラフィックが
いきなり露出高くなってて何事!?と思いましたが、
ウエディングドレスですか。
ホントはめろめろな鈴花さんにプレゼントしたいところなんでしょうが、
彼女は本人が気にするように筋肉質だから拒否ったかな?
西洋の羽つき帽子のCGとかかわいかったけど。
ともあれ、そのイベントのおかげで倫さんも富山のことを
意識し始めるようになったっぽいし。

カップリングは近藤×鈴花でやったんですが、
例の銃撃シーンあたりはあまり変化がなかったですね。
むしろ、梅さんの正体発覚イベントとか入ったあたりと
梅さん死亡のあたりででてきたか。
うーん、近藤さんの絡みが全然なかったじゃないか……。

凄絶な最期はなかなか悲恋ぽくてよかったです。
が、そのシーンがスタッフロール後のエピローグパートってのが
どうも解せない。
そんな彼の死を目の前で見た倫さんが、
その後どうしたかとかをエピローグで見せてほしかったなぁ。
だからと言って、一度結ばれたからってことで
子供がいたりしたら、1での沖田さんみたいになっちゃう。

一夜限りで結ばれたあと(女側はそう思っていない)、
彼女を守るために姿を消して、目覚めたらもういない……なんてのは
ベタな展開ですが、あっさり見つかってるし!
何度も何度も刺されて死亡ってのは、史実なんですね。

とりあえずは、倫を愛しているという自分の気持ちが理解できたというところで
彼女の目的クリアにはなっていますが、
1の平助みたいに、仇敵な大石を討つというようなシーンが欲しかったな。
今後の他キャラであるのかもしれませんが。
梅さんの近江屋事件で一番傷ついたのは富山だったわけだし。

三木と近いルートではありますが、微妙に違って、
ある事件の背景がわかったり、わからなかったりと言うのが面白いですね。
会津藩邸での新選組による刃傷沙汰は、三木では目の前で見たことだし、
近江屋事件で山崎の情報源は実は花柳館だったとか。
関連記事
スポンサーサイト
幕末恋華トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。