--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'12.02.Sun

幕末恋華・花柳剣士伝:大石鍬次郎クリア

攻略対象、次は誰にするかと悩んでいましたが、
とりあえずB's LOG情報から、藤堂×鈴花カプで大石ルートなら
最終イベントで彼らが登場とあったので、
忘れないうちにそれをやっちゃおうということで、大石攻略。




◆大石鍬次郎

まず、エピローグ部分と言うか、結末がなんともバッドエンドくさいけど
あれってバッドじゃないんだよなぁ?

大石は倫さんの手で最期を迎えるとは思っていましたが、
自分の意志とは関係なく、大石に手を取られて刺したってのが
うーん、うーん。
キスしながらってのは良かったですけどね。

そして何より、「大石が言うように、自分は一生このことを
重く背負っていかなければならない」ってのが
あんまり恋愛とは関係ないレベルのような気がするんですが。
単に、自分が殺したということへの罪悪感だけのような。

陳腐だとは思うけれど、スタッフロール入る前に
自分も後を追うみたいに自刃して、
エピローグ部分では、庵に助けられて
自分だけ生き残るけど、生きて大石の命を背負っていこうとか、
大石も助かって倫と生きていくことを望むようになる……なんて改心ないよな。

自分が斬った男の後を追ったけど、実は生きていたってのは
まるっきり前作の藤堂ルートになっちゃいますが、
あれはものすごく泣けて、スタッフロール中涙ぼろぼろ。

二人とも生きてハッピーエンドってのを望むわけでもなく、
両方あるいは片方死んでの悲恋エンドも好きだけど、それだけを望むわけでもなく、
ただ今回の幕の引き方は、倫→大石への思い入れが
あまり感じられなかったまま終わってしまったように感じたので
それがちょっと残念だったかなぁ、と思います。


倫本人の言葉でもありましたが、大石が気になって仕方が無かったのは
望みが無くなったということに対する同情と、
そうさせた一端に自分が関わってしまったという罪悪感から?
まあ、そういうのでもないとあの変態人斬り鍬次郎から
目が離せないということにはなりえないよなぁ。


今回、藤堂×鈴花カプだったので、藤堂と斬り合いをするシーンになっていましたが、
てっきりあれで藤堂に手傷を負わせられて、
倫が大石のために止めを刺すとかだと思っていたんですが、
「大石の生きる意志が強いから続けられない」と
平助が引くとは思いませんでした。

というか、倫が見守っていることに気づいたものすごいし、
倫が単に密偵として来ているとは思わずに、
大石のためにいるということに気づいたのにもすごい。
そして、大石はもう斬り合うことの喜びは感じられなくなっていて
だけど引導を渡すのは自分ではなくて、決めた人がいるということにも気づいていて。
なんだろう、前以上に平助株が上がってしまったではないか。

このイベントがなかったら、どんなのなんだろうなーとは気になります。
関連記事
スポンサーサイト
幕末恋華トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。