--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'12.22.Sat

金色のコルダ2:感想3(加地連鎖、志水通常、月森通常クリア)

ファーストプレイで月森連鎖をクリアしたので、
とりあえずは最初からやり直して、同じ初期メンバーだった志水をねらいつつ、
月森は連鎖じゃない普通ルートでできるかなーとやってみました。
そしたら加地が付いてきた!
そんなセカンドプレイ。最終的には3股でした。


一度クリアしたら、難易度:難しいが選べるようになるんですね。
初回プレイは「普通」にしていたものの
中盤からコツがつかめなくなって
(説明書も読んでないしね)
文化祭・クリスマスコンサートの動員数が伸び悩んで
オールS評価が達成できなかったので、リベンジで「普通」で。
と思ったら、前回の最終BP引き継げたとかで序盤からお金持ち!

次ステージのコンサートの条件も分かっているので
効率よく練習をすることができたのもあって、順調にオールS。
というか、最終コンサートのみSS。
他のステージもSSできたのかなぁ?
とりあえず、これで次回からは「難しい」でもやっていけそうです。

終盤になって難度が高い曲を究めようとすると、
重要キャラでも使い物にならなくなっちゃった。
加地はもちろんだけど、柚木までもが。
そして初めて、演奏者ヘルプを見て他の一般音楽科生徒の
加入条件を知ることになりました。
なんせ説明書読んでないからね……。


まあそんな感じでサクサクサク。
最初は志水狙いだけだったのに、気づいたら加地にも懐かれていて、
早々に4段階に上がったので、日々の会話も楽しくてニヤニヤ。
月森はあきらめかけていたんですが、
3段階目のイベントだったか何かが起こって
「あれ、もしや行けるのでは?」と軌道修正。

ファーストプレイの月森のときは、
お金(BP)がなくてドレスが買えず(適当に買った山吹色ドレスは志水好み)
文化祭後のダンスイベントも発生しませんでしたが、今回はバッチリ。
しかも、2周目だから色傾向も天羽さんに聞かなくても分かったし。

この頃は志水と加地が拮抗していたのですが、
少しだけ加地が抜きんでいたので加地用の碧ドレスを買って、
以後、親密度が一番高い人で出てくるイベントは加地ばっかりでした。

ああ、志水の方が先に4段階イベントが発生したのか、
毎朝一緒に登校するのも志水で発生していたのですが、
その後加地に誘われて、断ってしまった!
フォローメール入れなかったら鉢合わせてもっと気まずくなるのかと思いましたが
何にもならなかった。ちゃんと攻略対象のまま継続されているし。
よかったよかった。


加地はいちいち言うことが大袈裟というか、
もう、ガッツリガッツリ押しまくりなのでにやけますね。
結構早い段階で、惚れてるっぽいことを本人に伝えているし。
連鎖イベントルートだったわけですが、
彼はかなり自分の才能のなさに屈辱感を感じている人みたいですね。
「頑張る」という言葉が嫌いだなんて(頑張る努力と結果が比例しない)
分からなくもないけどね……。
中盤あたりで「他のみなと違って、音楽の道は進まないけれど、
ヴィオラは続けていきたいと思う」って言葉は印象的でした。
が、そのあとでやっぱり「自分は才能がないから云々」と
かなり引きずっているのを見ると、あれれとは思いますが。
でもまあそれだけ、コンクールメンバーや音楽科生徒と一緒に
音楽をしていると、自分の実力不足が辛いんだろうな。


志水は恋愛イベント外でもなかなか面白い天然クンっぷりでした。
昼休み会話の柚木との「屋上で寝てて、寝返りゴロゴロ」とか、
同じく月森との「勝手に演奏を合せてくるマイペースさ」とか。
音楽に向かう真摯な態度は、月森とは違うけれど、
音楽しか見えていないので「大丈夫か!?」と思わせられる危うさがありますが。


月森は通常ルートだと、留学のことはあまり本人と話さないのですね。
なので、留学後はあえなくなってしまうための
「残された時間を一緒に過ごしたい」という悲壮感が少なく思えて。
いやまあ、他キャラと同時進行で進めていたせいもあるか。
「音が変わっとしたら、その理由は?」と聞かれて
「恋をしたから」と答える日野さんは、分かって言っているのか何なのか。
ニヤニヤしますねー!



次は、ファーストプレイ時で文化祭の10日くらい前に
セーブをしておいたデータがあるので、
それを使ってダンスイベントの補完をします。
ついでに王崎先輩もかな?
今回は早々にメール返信をしなかったりと、対象外にしていたのですが、
最終コンサート前に誰のところに行くか、という選択肢で、
エンディングキャラが選べるようなので、
サクサクと進めて、今度はS評価で終われるようにしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
金色のコルダトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。