--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2008'02.19.Tue

DS版GS2:感想3(古森告白、ハリー親友告白)

今度も攻略情報見ずに事故チュー相手を選んだら、ハリーでした。
ということで、ハリーを本命にしつつ佐伯を親友にするか~と思っていたら、
あれれ、佐伯のデート帰りにハリーが登場!?
……結局そのままハリーとお友達になりつつ、新キャラの古森君も進めてみました。

というか、古森狙いのためにハリーや佐伯の相手をしなくなっていたのに、
3年の夏ごろだったか、急に佐伯がデートに誘って来るようになってビックリだったんですが。



古森君はひたすら古森係コマンドを実行して1年。
長い。暇だ……。
途中で一度だけあった若王子先生の課外授業での「プレゼント」の話が
とっても「恥ずかしいセリフ禁止ー!!」的青さでした。
いや、それを言ったら、他キャラもいっぱい「恥ずかしいセリフ禁止」的なのが多いんですが。

クラムチャウダーのイベントで、初めて彼の属性が明らかになりました。
なんだ、単なる引きこもりキャラじゃないのか。
テキストだけじゃあわからないニュアンスも、ボイス付きのおかげで楽しめます。
というか、起動メッセージを聞いてみたいキャラNo.1に古森君が躍り出た気がする。



そして親友ハリー。
相変わらず親友モードは楽しいですね!
そしてGS1の時とは違って、いつものように「相談に乗って」の追加デートだけじゃなく、
「耐えられないんだ!」(違)的、恋愛度の方が上回っちゃった時のミニイベントとか
ニヤニヤしまくり。
あれって1度しかないのかなぁ? 単に発生できてないだけかも。
親友状態でつっついた時の「オレといるんだから、オレを見てろよ」的発言には、グッときた。



途中から古森君に会えなくなったものの、そのまま佐伯・ハリーと進めていて卒業式。
現われたのは古森君!
(あああ、親友ハリーが……)と思いつつ、最初はまず普通に告白受け入れ。
というかお口タッチ。
その後、断ったらハリーが~♪と思っていたんですが甘かった。
古森君は本命としては成立しないのか。そのままスタッフロール。

幸い、まだ古森係コマンドが残っている3年目9月頃のセーブデータを残していたので
やり直してみましたが、それまでお世話をしていたからか、
前回みたいに途中でいなくなるようなことはありませんでした。
関連記事
スポンサーサイト
ときメモGSトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。