--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2008'08.24.Sun

PSPコードギアス LOST COLORS:開始+ギアス篇ルルーシュED

R2放送開始直前に発売されたソフトですが、
アニメが佳境に入った今になってプレイ。
でも、ちょうどいい時期だったかもしれん……。
そんなR2の19話「裏切り」の視聴後に始めたゲームです。
ネタバレは後ほど。


オリキャラ主人公のライくんはなかなかキャラが立ってて、良いです。
しかも、ルルーシュみたいなスレンダー男子ときたよ!
しかもしかも、一を聞いて十を知れるくらい、結構聡いクールキャラ。
だんだんと人間らしい感情を露わにしていくのもよいですね。デレ?

アニメのシーンをそのまま使ったムービーやセリフもありますが、
アニメでは描かれていない部分の、他キャラの心情とか、
オリキャラ主人公視点からという違った見方もあって、なかなか面白いです。
しかも、オリキャラ主人公以外はフルボイス。
でも、ロロはしゃべっていない??
まだしゃべっていないだけ?


ただ、システムがイマイチです。
オートリードと既読スキップが併用できない。
デフォルト速度じゃないとオートでボイス再生を待たないとか、ありえねーよ。
で、そんなオートに合わせた速度設定にしていると、
既読スキップが全然スキップの意味を成さないとか、ホントいらいらするよ。
何より、イベント中にコンフィグいじれなくてスキップの使い分けを途中でしようと思っても
なかなかできないとか、もう、いらいらいら……。
セーブもイベント中にできないしね。
オートセーブもあるくせに、オンオフはイベント中には変えられないし、
1か所のみだから、選択肢間違えても結局戻れないことがしばしば。
電話中のルルーシュを見かけて、こっそり聞き耳立ててたら、
バレて、ものっすごい怒られた。



ギアス篇、なんとなく攻略情報を見つつ、でも適当にやっていたら、
ルルーシュEDでした。
まだ見ていないイベントとかきっとたくさんあるだろうけど、
とりあえずはシナリオクリアできたので。
記憶を取り戻したあたりから、涙ぼろぼろ出てきました。

ということで、ネタバレなので、以下から。



ライがかわいそうで泣いたのではなく(確かにかわいそうではあるけれど)
その後ルルーシュが彼と同じ運命をたどっていることを思い、泣いてしまったのですよ。

・母と妹のために契約して、でも結果的にそのギアスのせいで彼女たちを死なせてしまう。
・「皆殺しに」とは命じたつもりではなかったのに、ギアスの暴走のせいで現実のものになった。
・母と妹を失って、生きる意味を失った。

ユーフェミアへの暴走ギアスといい、スザクへの「生きろ」ギアスのせいで
最愛のナナリーを失ってしまったことといい、
ゲーム時点ではまだルルーシュはそんなことになるとは思っていなかったのに、
R2が佳境になった今、すべて同じになり、そして「孤独」になっているのですよね。

ルルーシュは対峙する相手として皇帝がいたけれど、
ライはそれがなかったからなのか、眠りにつくことを選択していた。
皇帝への恨みがなかったら、ルルーシュも同じ道を辿ったのかな……。

最終日に別れを告げるのも、2ターンしかないって足りなすぎ。
ナナリーとカレンを選びましたが、うわー、これも泣ける。

そして最後の思考エレベーター(?)での「願い」が、みんなを包んで、
ライのことを覚えていないけれど、誰もいないのに話しかけているルルーシュが
違和感を感じつつ、その「誰か」は自分と似ている気がするってのが、
ホントにもう泣ける泣ける。

みんながみんな、何か失ったものがあるような違和感を抱いている中で、
エンディングに流れる「モザイクカケラ」のその
「モザイクカケラ」という言葉があてはまりすぎて、再びみたび、涙だだー。

再び眠りについたライは、バッドエンドでもなく、ハッピーエンドでもない。
それが悲しかったです。
そしてR2でのルルーシュはどうなるのか……。
関連記事
スポンサーサイト
コードギアストラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。