--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2008'09.21.Sun

PSPコードギアス LOST COLORS:黒の騎士団篇ゼロED

初回プレイではカレンEDを目指したので、戦闘隊長ルートでしたが
今回はゼロ狙いのために作戦補佐ルート。
なので、新規イベントもいくつかあって楽しめました。
特にディートハルト関連。
この頃はあんなにゼロ信者だったのにね……。
黒の騎士団加入後初の作戦で「カオスの権化だ!」とおかしな走り方で
走り回っていたアレも、ちゃんとその後は持ち場に戻ってたとか、なるほど。

今回は選んでいないキャラを選択していたら、
やたらと玉城イベントを見ることになりました。
「こんな男が幹部だなんて、ただの器の小さい男ではないのか?」
と評して様子見をしようとする主人公。やっぱ切れ者だよあんた。
てか、そう思わせる玉城もすごいけどな!
で、次のイベントかなんかで、適当にあしらっていたところを見ると、
やっぱり「ただの器が小さい男」と判断したらしい。やるなw


カレンルートでは、特区日本の式典でのユーフェミアの「虐殺です」宣言を
止めることができず、会場全体にギアスを使ってしまった結果
ギアス能力もなくなって普通の人になっちゃったよん的展開でしたが、
ゼロルートでは宣言する前に止めることができたので、
撃たれて病院送りにされはしたものの、大ピンチ状況にはならずに済みました。

で、同じギアス持ちとしてゼロを支えていく主人公君。
つーかルルーシュはギアス暴走状態になっちゃったので
「もう仮面は外せない。でもお前にはギアスをかけたから素顔でも大丈夫」
となりましたが、じゃあナナリーとかにはもう会えなくていいのか……??
なんて思ったり。
かけたギアスも「怪我人は無理をするな」みたいなゆるい命令で
いつもの「ぴきゅーん」音付きのギアス発動エフェクトがなかったので
あらいつの間に、と思うと同時に、そんなゆるい命令をするルルーシュが優しくて、
ほろりとしました。
関連記事
スポンサーサイト
コードギアストラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。