--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'09.19.Mon

ギャラリーフェイク:#36「ハワイの万華鏡」(原作28巻)

今回は原作からは大きく外れてはいないものの、色々追加セリフがあって面白かった。
その最たるものは三田村館長の白ビキニですかな。


冒頭のウォータースライダーで遊ぶフジタとサラ。
白いよフジタ、白い。
「折角休暇で来たのに」が「一緒じゃなきゃ意味ない」と変わったサラのセリフですが
後者のアニメセリフの方が直接的で分かりやすいですね。

画家のカポーノに会って「そちらは?」とサラを尋ねられたとき
なんとなく「レディ・サラ」の回を思い出しました。
今回は「助手」だったけど。

そのカポーノのアトリエで『跳躍する鯨』の絵を見ていて登場する
三田村女史のはずでしたが、なぜかプライベートプールで白ビキニ。
まあ、おかげでフジタの
「ゴーギャンも同じように画家がその土地のエネルギーに影響されると云々」
というお話を聞かせてもらえるわけですが。
白ビキニを前に、にやけすぎですミスターフジタ。
サラにどつかれてもにやけがとまらず。
ああこの辺、原作のフジタみたい。
アニメではあんまりフジタ→三田村なところがなかったもんな。
原作最終巻の三田村さんを美術館のレストランに誘った時も
ニヤけまくりでした。
そして、着替えるために二人に背を向けて去っていく
三田村女史の尻をカメラに収めようとしたエロフジタ。
なんでカメラなんか持ってんだヨ……。
そしてサラの鋭い払いでプールの中に吹っ飛ばされるカメラ。
驚くフジタの顔が別人みたいで、ものすごくかわいかった。

食事中のフジタと三田村さんの仲良し描写は、もう見てるこっちが
ハラハラするほどにいちゃいちゃ。
「魑魅魍魎呼ばわり」とか「ベネチアの熱い夜」とか、なんなんだー!
そりゃ、サラも咥えていたストロー噛み締めて、
古典的な驚きの電撃背景付きで衝撃をうけるわな。
サラが追求する前に、カポーノさんが「そういう仲?」なんて聞きますわな。
金獅子賞の作品について一晩中トークバトルを繰り広げたってのが真相らしいですが。
ってか、そんなトークバトルを一晩中するほど、アンタら仲良かったんかい。

そしてここでもアニメならではのナイスフォロー。
機嫌悪くしているサラのことを
「どうせ子供だから、おなかいっぱいで眠くなってるんでしょう。気遣いは無用ですよ」
と。
後で三田村さんとマラソンで勝負しているとき、最後に
「三田村さんばっかりオトナの女ぶって。
 ワタシ、子供みたいにフジタに思われるの損だからショーブはなしにする」
って言うセリフの、伏線みたいなもんだよなぁ。

子供だというフジタに対抗して、フジタは体力ないしオヤジだと言い合う二人。
「オヤジ~」「ガキ~」「ジジぃ~」「ガキ~」と、ホント大人気ないですよ、フジタさん。
それがまたかわいいけどサ……。

ゴルフに誘われたものの、サラはフジタも行かないものと思い辞退したけれど
フジタはいそいそ行くことになり置いてけぼり。
夜中にむかついて目が覚め、フジタの部屋に夜這いに嫌がらせに行くところ、
原作みたいに顔を引っかくのかと思いきや、ゴルフクラブのヘッドカバーを
こっそりかわいいのに変えただけでした。なんだ、かわいい嫌がらせ。
冷蔵庫開けてなんか飲み物を掴んでいたので、
下剤入り飲み物でも用意しておくのかと思いましたが。
優しすぎるぞ、サラ。あんなんじゃストレス発散にならんだろ?

市場で買ったカレイドスコープ。
店主のおじさんがその歴史について教えてくれるのも、アニメオリジナル。
灯台の光をより遠くに届かせるための研究の中で偶然作られた産物との事。
灯台ではないし、むしろ逆ですが、最後の天体望遠鏡での
何万光年も遠くから届く星の光っていうところの伏線っぽい?

三田村女史にマラソンで勝負しようと持ちかけられたサラ。
このシーンのどちらかが予告後の2枚目提供バックか!?とかも
思っていたんですがねぇ~。
「何を言う、このオンナ~!?」という表情のサラ止め絵でAパート終了。


そしてマラソンシーン。
緊張感のない音楽がいい感じ。
そして三田村館長の尻。
リードされてしまった三田村女史の背中を見ながら走っていると、
フジタと二人で楽しく話していたのが脳裏に蘇る。
あはは、うふふな残像を振り切り
「万華鏡もフジタも、ワタシのものなんだから!」と心の声。
言った、サラ!!
とそこへ、車の後部座席からビデオカメラを構えたフジタが登場。
「いただき~、三田村館長のへそ出し。こりゃあお宝ですぜ~」
うん、そうだね。
船越くん(高田美術館の学芸員・三田村さんファンかつ下僕)とかに
高く売れそうだ。
そして、女二人の「バカフジター!」。

バカフジタも去って、二人のマラソン攻防戦。
上下のコマ割カットイン(?)の二人の目元の描写が、なんとなく懐かしい。
1クール目は多かったけどな~。てか、そればっかだったけどな~。
まあ、この上下分割は原作も同じように使ってるし。
そしてサラの「ショーブはなし」宣言。
再び、三田村館長の尻を追いつつ(カメラ視点がね。フジタじゃないよ)、ゴールが見える。

仲良く3人でホエールウォッチングの船の上。
鯨さんが現れて、よろけたフジタがサラにぶつかり、万華鏡は海の中へ。
てか、鯨を見に行くんだから、万華鏡は置いてくりゃ良かったのに。
サラの手から離れた後、いきなり万華鏡がリアルになっててちょいと笑った。CG?

その後3人は……ホテル? どこ?
万華鏡を落とすきっかけとなってしまったことで、謝りまくりのフジタ。
原作ではそのまま天文台へ向かうセスナに乗っていたわけですが、
なぜか3人で別の部屋。
部屋を出る三田村さんにフジタが「送ろうか?」と言いますが、
オトナの女・三田村は「サラちゃんのこと、放っておく気?」と
意味深に微笑みかけて去っていきます。
そして「サラ、出かけるぞ」ということでセスナへ。

「万華鏡を見に」と言われ、天文台に着いた二人。
日本の国立天文台に許可を取って立ち入ったことに
「ちょっとしたコネがあってねぇ」とサラにウィンクするフジタ。
ぐは、たまらん。
そして、天井が開き空一面に瞬くハワイの星空。それが万華鏡。
んで、またしても万華鏡登場。
これは、今度こそCGだ!
なんでこんなに気合入ってんだろ~。

そして、やっぱり万華鏡を売っていたおじさんからの薀蓄をフジタに語ったサラ。
灯台の光を届かせるため。
ワタシの心も届いたのかな?と思っていると、
肩を抱き寄せてくれるフジタ。
ラブラブです。いちゃいちゃです。
原作ではもうちょっと距離があって、肩に手を置いて「ほら、星だぞ~」みたいな
感じだけなのに。
サラも調子に乗って、フジタにしがみついてます。

でも今回のフジタは、サラに対しては余裕かましてたなぁ。
このシーンでも、別に顔を赤らめたりすることなかったし。
サラに対してだけはヘタレなフジタが、もっと好きなのに。
三田村女史に対しては、いつもにないくらいに今回デレデレだったけれど。
それはそれで、また良し。


今回はバカンスなお話だし、EDにつながる余韻も結構あったので、
EDは3クール目のいつもので違和感なしでした。
てか、絵金と、神々の宝石の回だけ、なんであんな特別EDアニメだったんだろう。
そして、キャスト。
おいおい、1ページ目、フジタしかいないよ!(ナレの石坂さんもここだけど)
いつもはサラと三田村館長も1ページ目だったのに。
そしてサラと館長が2ページ目。
3ページ目はカポーノと市場の店主。
そ、そうか……登場人物それしかいなかったんだ。

そしてとうとう次回予告。「次回、最終回」って言ってるよ~。
ああもう、寂しすぎる。
ちなみに最後の提供バックは、天文台で天井開き待ちのサラさん。
う~ん、ちょっと微妙。
来週、最後の最後は誰なんだろう。
てか、サラは出てくるのか!?
関連記事
スポンサーサイト
ギャラリーフェイクトラックバック(2)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

ギャラリーフェイク 第36話 「ハワイの万華鏡」

 女の戦いとエロス。ハワイでバカンス中のサラとフジタ。水着なサラが素敵なのに出番はそれだけか。画家スタンリーの家に遊びに来たフジタたちの前に水着姿の三田村小夜子さんが!!画面から溢れるエロスにフジタだけでなく視聴者もタジタジ。ケツがエロい。随分仲

2005/09/19(月) 14:30:30 | アルカリスタン

ギャラリーフェイク #36 『ハワイの万華鏡』*キャプ

原作未読&館長の尻の回なのに見る気があまりなかったのは極上の所為か!!つーか最終回1話前の作画くらい気合入れてくださいよ(ノД`)ナンダコレサラの歳幾つだっけ?と久しぶり

2005/09/21(水) 04:19:00 | もうどうでもいい...(´A`)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。