--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'08.08.Sat

星色のおくりもの:鳴滝誠悟

無口クール幼馴染、鳴滝弟のネタバレ感想、以下より。



◆鳴滝誠悟

無口だけど「主人公には甘い」ってところがいいなぁ、と思っていたら
ルートに入ってからはなんだこりゃ。
告白と同時に強引にキスするとか、エンディングあたりで
キス以上のことをしたくなる、お前はしたくないの?みたいなあたりとか
あー、連動掲載誌を意識した感じかしらとか。エロス担当。

吉田さんの電話相談、いい子だなと思いました。
「あなたに電話することで誠悟くんとまだつながりが持てるかと思った」
そんな下心もあったということも最後には告白して、
「今度は本当の友達になろうね」
と電話を切った吉田さんでしたが、
主人公もなぜそこで「今もちゃんと友達だから」とか言ってやらないんだ!
と思いました。
主人公さん、自分のことで精一杯。

そして何よりぽっかーんだったのが、
九州の大学へ行くバスを見送った後。
「やっぱりお前がいない生活なんて考えられない、一緒に行こう!」
って……。
スポーツ→俺についてこい!というと、GS1の鈴鹿くんを思い出しますが、
こっちは準備期間も何もないし、急に盛り上がって、急に決めて、
後できっと上手く行かなさそう……と思わずにはいられない。

自覚している「独占欲が強い」彼なので、
確かに遠距離恋愛よりも破局率が下がるかもしれないけれど、
それでもダメになるだろうな。
勝手に疑心暗鬼になって、黒化しそうなのが目に見えてる。

「旅行するお金を貯める、お前の分も頑張る!」とか言ってるけど
スポーツ推薦なのにいいのかね?
スポーツ推薦といえば、怪我して自暴自棄とかも想定内。


なんつーかこう、色々チープに感じました。
関連記事
スポンサーサイト
星色のおくりものトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。