--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'10.14.Wed

ラブプラス:開始

mixiでラブプラスのニュース記事がでてまして、
プロデューサー内田明理氏とディレクター石原明広氏のインタビューが載っていました。
そう、GSシリーズのプロデューサーと同じじゃないですか!
というか、その記事を読むほんの数日に知った事実ではあったのですけどね。

発売後にやたらと話題に出ていて気になっていたのですが、
内田氏が関わっているということでなおさら気になり。
人気だから売り切れも多いそうですが、たまたまゲーム屋で発見。
こっ、これはディスティニー……。

そんなわけで開始です。
まだ恋人同士にはなっていない状態ですが。
ちなみに、同級生高嶺さん・年上ネネさん(CV皆口裕子さん)のどちらにするか悩みつつ、
ちょっと高嶺さんリードな状態です。
年下ツンデレのリンコちゃん(CV丹下桜さん)はごめんなさい。タイプじゃないの。
多分、この生意気さのなかの可愛さが分かれば楽しいんだけど
まだ「この生意気なガキめ!」としか思えない状態なので。

序盤の高嶺さんは、個人的に葉月珪みたいな孤高のパーフェクトさにきゅんきゅんです。
ただ葉月は、騒がれることで周りに迷惑をかけたくないからひとりを選んでいるのに対して、
高嶺さんは本当はみんなと仲良くなりたいのに、みんなが敬遠してしまっているということでの
逆ベクトルでの孤高さになっていますが。




まず、ときメモシリーズと違って(GS1&2しかやってないけどね!)
パラメータは4つしかありません。
運動・勉強・感性・魅力、だったっけな?
リッチも無しでストレスも無し。
パラ上げコマンド実行時に連動するバイオリズムもなし。
シンプルなもんです。
ただ、ときメモみたいに1週間スパンでのコマンド設定ではなく
1日の開始時に午前・午後・放課後・夜の4回設定。
なので結構ゆるいです。
と言いつつ、パラメータ上げ適当すぎて、
規定値達していなくてのダメ出し多いのですが。

で、GSにもあればよかったのに!というシステムが
仲良くなってからのメールのやり取り。
メールが届く→返信する/しない、返信の方法(簡単に、普通に、心を込めて)
が選べたり、
こちらからメールできたり(おはよう・おやすみ・何してる?程度)
と、コルダ2でのメール返信システムよりさらに進化していて、やってて楽しい。
しかも、しばらく待てばレスメールが返ってきたりとか!
いいよいいよこれー。
今度出るときメモ4にもこのシステムあるのかな?
というか、ときメモ4に男子キャラで阪口大助、中村悠一の名前を見て
これはこれで気になっているのですが。

あと、GSにもあった追加デートとか喫茶店会話の内容が
登下校で行われます。
会話内容の選択は出来ずに、主人公くんなりヒロインちゃんなりが
勝手に話を振ってくるわけですが。
この登下校での世間話は、これもコルダ2っぽくていいなぁ。
もちろんGSも一緒に下校はありましたが、
わざわざ公園で立ち止まっての会話だったり
「(楽しく下校した)」で終わりだったりと、ちょっと寂しかったので。
ちなみに、GS2DSの大接近モードみたいに、歩きながらの会話です。



このゲームの醍醐味は恋人同士になってからだとは言われていますが、
それまでの友達関係でもなかなか楽しいです。
やっぱりこういうところ、ときメモスキーだからなのかなぁ。
付き合い始めてからを描いたゲームもいくつかやりましたが
(フルキスとか、星色のおくりものの誠悟ルートとか)
恋愛シミュレーションというよりは恋愛アドベンチャーのノベルゲーだったので
ちょっと違うかな。



結構主人公が喋るのですが、ビジュアルは無い様子。
だけど、よく喋るからこそ、二人の会話にニヤニヤしてしまいます。
それから、コマンド実行時のチビキャラがGSと同じ人?
相変わらずの可愛さです。
それと、モブも含めてフルボイス。
名前呼びはDS版のGSシリーズと同じで、候補があれば呼んでくれる。
試しに姫条さんでやってみましたが、まず「きじょう」がなかった!
で、普通の男子っぽいキャラとしてGS2の赤城くんにしようとしたら
「あかぎ」がなかった!(たぶん……なかったはず)
これではゴリ(スラダン)も呼んでもらえないではないか!
で、まあ、ありそうだろうと「佐伯瑛」。
OKでした。

で、校内で出会ったときに呼びかけ方が
「オッス」「○○(名字とか)」「話しかけない」で「チョップ!」
おおおおお、チョップしたい、ものすごくチョップしたい!(佐伯だからね)
とりあえずまだ仲良くなっていなかったので止めましたが。
ちなみに、しばらくして恋愛段階が2段階目に進んだら
膝かっくんできるようになりました。



そんな感じで、楽しんでまーす。
関連記事
スポンサーサイト
その他一般トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。