--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'12.11.Fri

2009年秋アニメ 感想9

DTB10話、11eyes10話、そらおと10話


感想は追記部分にて。



・DARKER THAN BLACK 流星の双子 10話

なんと蘇芳はクローンだったとか!
で、記憶も偽の植え付けられた記憶。
それが紫苑の能力??
子供の頃にお母さんと一緒にいった水族館というところからして
偽りの記憶だったわけですが、
2年前に紫苑が能力者になったとかいうあたりも嘘の記憶なのかなぁ?
切なくて泣けてきました。

で、そんな過去を語るのに、いきなりマオが当事者として介入。
まさかの人間版マオ!!
いろいろつながってたんだなぁ……。

ヘイに捕まった耀子さんですが、なんと酷いことに!
あれもヘイがやったのか?? うーん、謎。
マダムオレイユが絡んでるのかしら。
インについて聞くのには自白剤でも使ったんでしょうか?
顔を殴ったり、それはそれで非道いわけですが。
あと耀子が「葉月様を守らねば」的な、葉月の部下(?)的
発言をしていたのですが、どういう関係なんでしょうかねぇ。
いろいろいろいろ謎いっぱい。

とにかく、来週はヘイの調理シーンが見られるらしく、楽しみです。



・11eyes 10話

こっちもいろいろ急展開。
栞さんに黒騎士陣営などの全容を教えてもらって、
黒幕(?)というか、何をしなければならないかがわかってきたわけですが、
皆がバラバラになって意気消沈な駆くん。
ゆかがこんなにヤンデレ重症化しているのは、先代(?)のアイオンの眼の主の
ヴェラードが表に出てきているとかそんな兆候なのでしょうか?

平行世界に散らばっていた「かけら」たる美鈴やゆか、雪子たちが
「ゆかの世界」に集まってしまい、
そんな「ゆかの世界」だからか彼女が思うがままにできるんでしょうか?
菊理先輩は駆に姉と会わせてあげようとした、ゆかの作り上げた幻想。
で、「もうお姉さんは必要ないよね」として菊理先輩消滅。えー。

雪子が携帯のメモリに残った賢久先輩の画像を見て「好きだった」と独白するのには
胸が締め付けられました。
好きな人を自分の手で殺したわけですからね。
そして、雪子の不死身の元凶だった「かけら」を体内から取り出して雪子を惨殺。
ひー、グロいよ……。

そしてゆかは黒幕の「囚われの少女」を解放するし、もうダメだー。
ほんと、話の展開にワクワクします。



・そらのおとしもの 10話

今回もシリアスとギャグ織り交ぜの面白いお話でしたが、
シリアスのが多めかな?
ニンフが空のマスターに命じられて、仲良くなった小鳥を殺したあたり、
可哀そうで見てらんないって感じでした。
だから、最初に学校へ行ったときに鳥小屋から逃がしたのか……。

イカロスの歌の前座で歌った智樹の歌、「チクチク・B・チック」って
もうこれバカすぎる!

後夜祭があるって、いかにも学園祭っぽいのですが、
手をつないだカップルじゃないと行けない、ということで
そはら・ニンフ・イカロスが同時に申し出ようとして、
結局そはらとニンフがイカロスに譲るのは、できた子たちだなぁと思いました。
で、智樹は自分がモテモテだということに気付いていない鈍感主人公。

イカロスは記憶を取り戻してから、発言がやっぱり人らしくなりましたよね。

関連記事
スポンサーサイト
その他トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。