--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'01.21.Thu

PSPネオアンジェリーク:レインED1、ベルナール、ルネED

1周目プレイじゃ護り石制覇出来ない仕様なので
とり逃していたレインED1の回収と、
同時進行でベルナール、ルネを。
これで残るEDはニクス1、イベントはニクス・ジェイドがちらほら。
ただまあ、なんとなくやりきった感はあるので、
気が向いたら回収しようかなー程度で、
一旦これで、今まで一度も見ていない「スペシャル」の閲覧開始させます。


ゲーム全体の総括感想はその時かな?
でも、結構楽しくプレイ出来ました。
だけど、ものっすごくはまったわけでもなく。
システムが快適というかユルいのが楽でしたけど。
というか、一番好きなキャラはアンジェリークです。
攻略対象差し置いて主人公だなんて、どういうことだ……。


さて、標記ルート等のネタバレ感想は以下より。


・レインED1

聖地へ拉致EDの方ですが、
アンジェが「一緒に来て」と言う前にレインから「連れていってくれ」
と言われたところに、キュンキュン。
クールだけど、こういうところがあるのが好きなんだよなぁ、彼は。


・ルネED

聖都の模型を渡しに行ったときに「え、ルート閉じた!?」と思ったのですが、
ちゃんとつながってて良かったー。
しかしアニメと全然性格設定違いますよね。
あっちのが健気っぽい。
いや、こっちの生意気だけど、時々赤くなったりとかいうのも可愛いですけど。

ルネの記憶にある故郷について
「絶対に探しだすから」と言い張るアンジェが相変わらずカッコよかったです。


・ベルナール

「星色のおくりもの」やって以来、中の人スキー!
系統も優しいお兄ちゃん系で、あちらの先生を彷彿させてくれます。

エレボス戦から戻ってからの
「僕の奥さんになって」発言にときめいた! ものすごく!
なんでだろう。
愛してるとか、結婚しようとかと、何が違うんだろう……。
これらと違って、あんまり乙女ゲーで聞かない言葉だったからかな?
結婚しよう、という同じプロポーズでも
「結婚をする」という行為と違って主体が彼にあるからかな?
ともあれ、萌えました。ここ最近で一番の萌え。

ベルナールのお父さんのことは、「大おじさま」と呼んでたけど
アンジェとベルナールは、はとこ同士(親がいとこ)なの??
ちゃんと読んでなかった中にあったっけなぁ……。

関連記事
スポンサーサイト
ネオアンジェリークトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。