--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'06.29.Fri

コードギアス:ケータイゲーム

携帯のフラッシュゲームが、リリースされてるんですね。
月が変わったら早速ダウンロードしてみよう。
なんせ今月はほとんど使わなかったので、
ダブル定額の下限ラインなのです。
それなら来月上限マックスまで使ってやる~、と。

それにしてもauのWINシリーズに乗り換えててよかった。
前はSBだけど断固として3Gは拒否ってたので、
パケホとかじゃなかったし。
コードギアストラックバック(0)  コメント(0)
2007'06.12.Tue

コードギアス:DS版サイトオープン

放送中からゲームで出るとは聞いていたものの
いつになったら出るんだ~!と思っていた
コードギアスのゲーム。

とりあえずDS版のティザーサイトがオープンしているそうです。

http://www.geass-game.jp/

そりゃあ全力で待機しちゃうよ!

……しかし、正式オープンまで33日って長すぎる。
Wii版、PSP版もあるようですね。
やったー、ハードの準備は万端だ。

ゲームで出るという情報を見たころは、
まだWiiもDSも持っていませんでしたが、
いつの間にやら揃ってしまいました。

どんなゲームになるのか楽しみです。
黒の騎士団使っての戦略シミュレーションはありそうだな。
Wiiではルルもしくはゼロになりきってポーズ決めたりしたら楽しげ。
「合衆国、日本!」
コードギアストラックバック(0)  コメント(0)
2007'04.01.Sun

コードギアス 反逆のルルーシュ #23

stage23「せめて哀しみとともに」


通常放送、終わっちゃいました。
まさか残りの24,25話放送が夏になるとは思ってなかったです。
もうちょい早めに、GWくらいに~とか期待していたのになぁ。
とりあえず、総集編もありそうだ。


ユフィの死の間際のシーンが悲しかったですね。
ギアスの影響を受けていた間の記憶が全然なくて
「行政特区日本はうまくいった? 自分はうまくやれた?」
とスザクに訊くシーンに、
彼女が守りたかったイレブン達が、彼女を責め立てているというのが。
現実を伏せて、これぞ「優しい嘘」をつくしかないスザクの
偽りの微笑みを浮かべながらの涙がつらかったです。

スザクに「日本人だったわよね」と確認する
ギアスに縛られたままのユフィが、
なんとかそれを押しとどめられたのは、どうしてなんでしょう?
やっぱり、ルルーシュがつらく思っていたように
「どうしても譲れない部分」だからかなぁ。
スザクを殺してはいけないと、ギアスの強制力を抑え込めたのは、
それだけスザクのことが大切だったからかと。


ところで、ユフィを撃った瞬間のルルーシュの
「たぶん、初恋だったよ」
ってのには、ええええ~~~!?でした。
なんつーかこう、ルルーシュがいきなり恋愛感情について
触れてくるとは思ってなかったんで。
しかも一応異母兄弟じゃん、みたいな。
普通に、前々回ナナリーと話していた時みたいに
「好きだったよ」
とは言わせなかったのは、どうしてかしら。
ナナリーの「好き」とは違って恋愛感情を含めなきゃならなかったのか?
……ニーナの「好き」も恋愛感情アリってことだろうけれど。
恋愛感情があった人を殺めてしまったことが
今後の展開になんかあるのかな? どうだろ??


ニーナといえば、酷い表情させられてましたね(苦笑)
その後懸命に何か作業をしていたけれど、
ナイトメアフレームの整備・改良?
そういやロイドからなんかもらってどうのこうのとか言ってたっけ。
サクラダイト動力じゃなくて、
核動力なものを作ろうとしているのかなーとは思っていますが、
(今の世の中には核爆弾とかも開発されていない、とかメルマガにあったし)
もうそんな機体に実装させるようなものが出来たのかな??
とも思うので、実際にはどうなのか気になるところですが。
てか、それも夏までお預けかよ。


そして新キャラV.V.は何者なんでしょうね?
彼がスザク側に付く?
V.V.も何かしらの能力を付与する力があるのかなー。


最後のルルーシュの邪悪笑顔は、
1話ラストを思い出させる感じでしたね。
テレビ放送で最終回だから、
わざとそういうラストカットにしたのかなとは思いますが。
しかし1話ラストよりも、より邪悪さに磨きがかかってた気がする。


意外だったのが皇のお姫様。
な、なんだあの幼な妻願望の塊は……!!
もっと凛とした落ち着いた子かと思っていたら、
思い込みの激しいお嬢さんでした。

ルルーシュは彼女のことを「スザクの親戚の」と認識していましたが、
単に京都六家としての情報での言葉なのか、
実際に子供のころに会っていたのか。
会ってなさそうな気もするけどなぁー。




ともあれ、毎週金曜(実際には木曜深夜)の楽しみが終わっちゃいました。
しかも中途半端な感じで!
早く残りの回も、続編も見たいなぁ。
そういや、DSやWiiでゲーム化するって言ってたのも
そろそろ動きがあるのかしらん?
(PS2もあったっけ??)
確実に手を出すなー、うん。
コードギアストラックバック(3)  コメント(0)
2007'03.23.Fri

コードギアス 反逆のルルーシュ #22

stage22「血染めのユフィ」


なんていうかこう、予想外の展開。急転直下。
やるせないなぁ……と思いながら泣けてきました。
久々の放送日当日の記事。
ルルーシュ特化で感想です。
んでもって、久々に追記設定でのネタばれ感想。
 ...READ MORE?
コードギアストラックバック(28)  コメント(0)
2007'03.19.Mon

コードギアス 反逆のルルーシュ #21

stage20「学園祭宣言!」

これまたさっくりと早足の感想ですが。


学園舞台の今回の話は、全般的にコメディタッチだったんですが、
最後のユフィとのルルーシュのすれ違う思いが
見ていてものすごく切なかったです。

ユフィの考えが理想論だけだからではなくて、
ナナリーから(そして自分からも?)
スザクを奪って、陽の当たる道を行く彼女が憎い。
前々回からあれだけ親しげな様子を見せていた兄妹だったのに、
この次の話のタイトルが「血染めのユフィ」だなんて
もう切ないったらありゃしない。
桐原爺の「修羅の道」の言葉が、再びちらつき始めました。


ヴィレッタさんとルルーシュがついに顔を合わせてしまいましたが、
てっきり(というか、ベタに)そこでヴィレッタさんが
記憶を取り戻すのかと思っちゃってました。
そしたらなんか、扇にプロポーズめいたことしてるし!
んもう、かわいいんだから!!


C.C.も今回はお笑い要員でしたね。
どんだけピザが好きなんだ、あんたは。


お化け役カレンもなんかふっ切ってて面白かったです。
もう、乙女にあるまじき!



そんなこんなで、いろんなツッコミどころも残しまくってますが、
今回はここいらで。
コードギアストラックバック(2)  コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。