--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'02.07.Wed

金色のコルダ #17

◆Opus17「焦燥のクレッシェンド」


ひっさびさのコルダ感想。
いやー、毎週見てるんですけどね。
放送が一番早い地域から1週間以上空くと、
ついつい感想放置しちゃうや。


やっぱセレクション本番は楽しいですね。
(ゲームで聞いてて)知った曲がいっぱい~。
その中でも、志水曲と土浦曲は
ゲームやる前から聞いた事があった曲だから尚更ワクワク。

それにしても、日野さんが他のメンバーの曲を聴いたのは今回が初めてって、
「そういやそうだったか」って感じですね。
 1セレ……自分の伴奏者探し
 2セレ……月森探し
よくよく人がいなくなるコンクールだ。

けれど、これが1セレ、もしくは2セレだったら
彼女はここまで残ってこられてなかっただろうな。
月森に見られたのが無かったとしても
他の出場者との力の差に愕然とする……機会は合宿もあったか。
やっぱ、これほど日野さんが他の出場者と自分を比較して
萎縮してしまっているのは、自分が本当は弾けないからというのが大きいのね。


それにしても今回は作画がひどかった。
作画というか演出も?
月森の演奏を聴いてがびーんな日野さんだけど、
背後ででっかくアップで演奏している月森、
静止画でいいのに弓だけやたらと高速で動いてて笑える。
次の土浦の演奏を聴いて、さらにがびーんの日野さん。
驚きすぎで、目の白いところが広すぎ。
なんつーかムンクの「叫び」みたいな不安定な立ち姿だし。
金色のコルダトラックバック(2)  コメント(0)
2006'12.17.Sun

金色のコルダ #10

◆Opus10「孤高のヴィルトゥオーソ」

第2セレクション本番。
前回ダントツ1位だった月森が、出場できなかったってのは
トータル順位を均すためかなぁ。
逆に1セレ出ていない土浦は今回結構良さそうだし。

ミニ知識コーナーでヴィルトゥオーソの一例として
パガニーニを出していましたが、
だから月森はパガニーニの曲を弾くのを「恐れ多い」みたいに思ってるのかな?(ゲームで)

月森を陥れた音楽科2年の3人組は、
その後どんなお咎めを食らったんでしょうかねぇ。
校内コンクールと言っても、文化祭みたいなもんだから
口頭注意だけの気もするけれど、
音楽科生はこの校内コンクールを実績としたがってるみたいな話もあったし。

コンクールでは弾けなかったけれど、
終わった後に一人で弾く月森の演奏が
いつもと違ってすごく感情がこめられていたってのが良かったですね。
親も聞いた事がなかったような、いい音色。
ひと皮剥けて人前でこの演奏ができるようになったら
月森って最強になるよなぁ。

コンクール出場者の衣装が1セレ(=ゲーム内衣装)と違ってたのは好印象。
しかし、火原のノースリーブネクタイは、なんかエロい。
金色のコルダトラックバック(1)  コメント(0)
2006'12.10.Sun

金色のコルダ #8,9

◆Opus8「こころ紡ぐカノン」

月森邸訪問。
家族誰も出かけていない、で男ばっかの中に女一人。ぴんちぴんち~。
というエロゲ展開もなく、無事にお宅訪問終了。
てか、お子様月森だよ!

焦る余りに友達とギクシャクしちゃう日野さん。
最後にはボーイッシュな方の友達が
コンクールに不満を言っている普通科男子に啖呵を切って仲直り。
いい友人をもって良かったねぇ。

アンケートを取っているときの妄想での
柚木風土浦と、火原風月森に吹きました。
特に後者。破壊力高いよ……。



◆Opus9「安らぎのコンチェルト」

天羽さん、ひっさしぶり~。
志水くん、いつもよりよく喋った~。てか、笑った。

女の子のお着替えは見ていて楽しいです。
なぜか天羽さんまで着替えてるけどな……。
でも、それだけ着替えても、ゲームと一緒で冬海ちゃんは
ずっと同じ衣装なんだろうか。

最後、日野さんのアヴェマリアに合わせて
自宅で月森が弾くシーンがありましたが、
無駄に胸がはだけていた。
金色のコルダトラックバック(1)  コメント(0)
2006'11.26.Sun

金色のコルダ #7

Opus7「秘めやかなデュエット」

今回は月森メイン回っぽい。
月夜のバルコニー越し二重奏といい、
密室練習室で、弱ってる(体力的に)月森を介抱してあげたり。



合宿最後の夜、庭で弾く日野さんのバイオリンの音が聞こえて
思わず2階バルコニーから二重奏として合わせる月森。
何もいわずに続けちゃうのがいいな。
そして思わず合わせてしまっていた事に、自分でドッキリビックリ。

柚木に言わせれば、月森らしくない音。
「音が甘くなったゾナ」(byマイメロ)って感じか?
いいなぁいいなぁ、青春だなぁ!



突撃インタビューの天羽ちゃんから逃げ隠れる時、
何も日野ちゃんの口を押さえる必要はないだろう!

そしてその手の温度が熱かったからって
熱があるのでは?と良く気づいたな……。

そのまま練習室で倒れていた月森を見て
「先生呼んでくる!」と立ち上がろうとしたらお約束。
手をつかんで引き止められちゃいました。
いいよね、お約束って。


どこまでもまっすぐで、意地悪をするわけではなく
ただただ自分にも他人にも厳しい月森が好きだー。
といいながら、ゲームでクリアしていなかった
志水くんも今回ちょこっと出番があったので、
久々にPSPでゲーム起動させました。




そういや、レンジで温めるのを失敗した月森も
これまた良かったです。
何でも出来そうなのに機械オンチなところが、グッ!
そんな欠陥がある完璧キャラって好き。
まあ、月森は天才キャラじゃなくて努力の人だけど。
金色のコルダトラックバック(0)  コメント(0)
2006'11.19.Sun

金色のコルダ #6

Opus6「胸騒ぎのポルカ」


土浦、ゲームみたいにリリが見えたから参加決定になったのではなく、
リリの気まぐれで参加させられたみたいですね。
なんてこったい。

駅で集合した時の火原の浮かれっぷりもアホの子炸裂で楽しかったです。
楽しみで眠れないってどこの典型的小学生だ。
土浦の「一応先輩なので」という反応はさすがは運動部。

大人しく合宿なんてなあなあ茶番に付き合う月森なんて
おかしいなぁと思っていたら、「合宿で第2セレクションのテーマ発表」
なんてことになっていたのか。やるな、金やん。

「(サッカー部も続けながらなんて)
中途半端な気持ちでコンクールに臨まないでくれ」
という月森王子はさすがです。
そういう他人にも厳しいところが好きだ。

んで、なんか対立した時の構図ってこのアニメでよくやりますね。
中央に二人の全身、左右背景にその表情。
今回中で2回も出てきたよ~。

あとは、不慮の事故で日野さんを押し倒しちゃったスザ……
じゃなくて火原先輩。
ううむ、まさか1週間に2回もこんな典型的ラブコメシーンを見るなんて。
(もう1個はコードギアス)

そんなドキドキ火原先輩にうっかり嫉妬しちゃってる事に気づいた土浦が
またおいしいなぁ。
金色のコルダトラックバック(0)  コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。